FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
不動産証券化市場の現状とそれぞれの期待
---不動産の証券化推進に係る推進役は国土交通省ですが、「不動産投資市場の成長に向けたアクションプラン」における具体的施策として、CRE(Corporate Real Estate)等の改革(企業・団体不動産の活性化)では、①CRE戦略ガイドライン・手引きの拡充、②CREフォーラムの設置・運営等③老朽化不動産の更新・活用の促進④PRE(Public Real Estate)戦略の一層の推進が上げられています。

一方、不動産証券化と個人投資家の関係をみていくと、メリットとしては安定的で長期の投資収益が期待できる不動産投資を小口化して行うことが可能となり、またリートであればある程度の流動性を確保することも出来きます。しかし、今まではJ-REITであれば大規模な資金調達と取引所への上場支援があるので、大手の証券会社など募集ルートが偏っており、小口不動産証券化であるGK-TKスキームの私募ファンドは、証券化を関係する事業会社や不動産会社の関係者が組成することが多く、これらは不特定多数の個人投資家への販売ルートが確保されていると状況ではありませんでした。

☆不動産証券化市場の現状とそれぞれの期待
・不動産証券化の概況
・不動産証券化手法と改正不特法
・投資商品としての不動産
・証券化に対する証券会社と個人投資家の関与
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード