FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/03
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
インサイダー取引規制について~それぞれの立場の問題から
他者より有利な情報をもって取引を行うというのは、ナポレオン戦争に於けるワーテルローの戦いのロスチャイルド家の有名な逸話もありますが、現代の株式市場においては、この有利な情報による売買というのは、インサイダー取引規制という関門を通過しなければなりません。

このインサイダー取引について、簡略化していうならば、① 会社関係者に若しくは公開買付者等関係者が、② 上場会社等の業務等に関する重要事実若しくは公開買付け等事実を、③ その者の職務等に関し知りながら、④ 当該重要事実や公開買付け等事実が公表される前に、⑤ 当該上場会社等の株券等(含むデリバティブ)の売買等を行うこと。で、①には、会社と契約のある士業や証券会社・銀行の役社員や、会社関係者若しくは公開買付者等関係者から重要事実・公開買付け等事実の伝達を受けたものを含みます。この行為は、金商法166条(会社関係者)同法167条(公開買付者等関係者)により禁止行為とされています。

☆インサイダー取引規制について~それぞれの立場の問題から
・インサイダー取引規制の概要
・インサイダー取引の実態
・企業にとってのインサイダー取引
・証券会社にとってのインサイダー取引規制等

スポンサーサイト



事業承継における証券会社の役割
高齢化問題は中小企業にも及んでいて国民経済にも大きな影響を及ぼしかねません。経済産業省によると、今後10年の間に、70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人 となり、うち約半数の127万(日本企業全体の約3割)が後継者未定で、現状を放置すると、中小企業廃業の急増により、2025年頃までの10年間累計で約650万人の雇 用、約22兆円のGDPが失われる可能性があるとしていいます。休廃業・解散企業における 経常利益の黒字比率は約5割でまだ余力を残した事業停止である一方、中小企業においては若い経営者層では売上高が増加する傾向が強く、国際的にみても開業率(2015年までの10年間で、日本が4.7%、米国が9.9%)が低いことなども相まって、事業承継による世代交代を通じた新陳代謝が重要になっています。

事業承継における証券会社の役割
・事業承継問題について
・事業承継に関する政策支援と地域金融機関
・事業承継に対する証券会社の取組み
・証券会社の新たなビジネスとしての事業承継

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード