*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
個人の金融資産の概況について
 今年6月末の個人金融資産の概況が日銀から9月17日に公表されました。集計は6月末時点ですが、その他、個人の投資に関する統計資料(8月末)と合わせ、個人の投資の状況は以下の通りです。

☆個人の金融資産の概況について

 個人の金融資産全体は、順調に増加していますが、個人の債券投資は個人向け国債の償還による減少をカバーできずに6月末は3月末比1兆円減少で26兆円となっています。また、株式についても相場上昇要因より売却が大きく同期間3兆円の減少となっています。一方、外貨資産の増加傾向にも歯止めがかかっているようで、特に外貨建て投信の減少が目立ちます。

 一方、個人の直接の海外証券投資については、8月が変化点だったようです。財務省国際収支統計投資家部門別対外証券投資の金融商品取引業者扱い分ですが、8月の外国株式投資は売買とも大きく水準を低下させています。また、外国債券(中・長期債)については2009年3月以来の月間売り越しとなっています。国内の投信を通じた海外投資も、同じような傾向が読み取れ、特にブラジルなどの新興国などの投資は直近の三ヵ月間で1割以上の減少と目立って投資資金が減っています。
 
 FX取引に関しては、為替相場の動きが比較的小さい割に取引量は高水準ですし、円売りポジションも再び3兆円を超えた水準に増加しています。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード