*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
個人の金融資産の概況について
 作年9月末の個人金融資産の概況が、日銀から12月19日に公表されました。集計は9月末時点ですが、その他、個人の投資に関する統計資料(11月末)と合わせ、個人の投資の状況は以下の通りです。

☆個人の金融資産の概況について

 個人の金融資産全体は、昨年6月末よりは株式市場の持ち直しもあって1,752兆円(6月末比6兆円増加)と幾分回復しています。この部分には、昨年11月からのトランプ相場の影響は反映されていませんので、3月公表分では過去最高だった2015年12月末の1,783兆円に迫る可能性もあります。
投資信託への資金流入は細っているようですが、前年比で見ても市場価格の下落に負けて3.3%の資産額を3.3%減少させています。また、トランプ相場での上昇局面においては株式と共に個人投資家の利食い売りも伝えられています。

 一方、個人の海外証券投資については、投信を通したものは米国株式への投資増加が目立っています。特に直接の外国株式投資において、11月の状況は取引が急増しています。外国債券においても高水準の買い越しが継続しています(11月6,676億円買い越し)。
また、FX取引は久々に月間取引額(店頭FX取引ベース)が500兆円を超え、11月は530兆円となっていますが、これは米大統領選前後のポジション調整が大きかったようで、円の売り越し額は11月末768億円と極端に縮小しています。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード