FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
フィナンシャル・ジェロントロジーの活用とは何か ~高齢者に対する投資サービスの在り方
高齢社会における金融サービスのあり方に関して、昨年10月から金融審議会で議論されていますが、個人のライフサイクルと投資との関係については、現役時代の投資による老後資産の形成、退職時前後の資産の在り方、長寿化している高齢者の資産活用・管理の3段階に分けて議論が進んでいます。この中で、高齢者資産に関しては、フィナンシャル・ジェロントロジー(金融老年学)の知見を利用していくべきとの金融行政の考え方が示されており、高齢者投資家保護、高齢者の側に立ってアドバイス等ができる担い手 、成年後見人による資産管理などが論点として上げられています。

このフィナンシャル・ジェロントロジーとは何かということですが、加齢によって生じる諸問題について、医学・心理学や社会学などの様々な視点から捉える「ジェロントロジー(老年学)」と「ファイナンス(金融)」に関する研究が融合した、学際的な研究分野とされてます。

☆フィナンシャル・ジェロントロジー(金融老齢学)の活用とは何か~高齢者に対する投資サービスの在り方
・フィナンシャル・ジェロントロジーとは何か
・フィナンシャル・ジェロントロジーの背景
・高齢者向け金融サービスへの取組み
・ポ高齢者社会の進展は投資の何か変えるか

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード