*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
ネット証券というビジネスモデル
 久しぶりに株式を売買してみると、随分手数料が安くなったと実感する。売買金額によっても異なるだろうが、平均すると0.1%程度まで下がっているのではないだろうか。勿論ネット取引であるが、この水準だと、株価の値動きの中に隠れてしまって、手数料負担は殆ど気にならない。将に、10年来の金融ビックバンによる規制緩和と、IT化進展の恩恵だと思う。
しかし、日本のネット証券ビジネスの現状は厳しそうだ。28日、マネックスとオリックス証券の経営統合が伝えられているが、野村も傘下のネット専業のジョイベスト証券を本体に統合する。ネット証券業界の動向をみると、更なる手数料引き下げ競争で体力勝負の様な動きもあるが、取引サービスの拡充に取り組むものもあり、利用者の利便性も随分向上している。FX取引サービスの拡充は当然として、CFD取引を導入したり、又システム売買(自動取引)機能を充実させて、投資家にサービス(一部有料)としており、中にはこんなことも出来るのかと感心させられるものもある。ただ、これらのサービス拡充の恩恵は、デイトレーダーと言わないまでも、限られた投資家(ネット取引のヘビーユーザー)に与えられてもので、この限定された投資家層の奪い合いという面を否定できない。今まで業界変化のメリットを享受してきたはずのネット証券だが、今後の生き残り戦略が新たに問われている。その新たなネット証券戦略モデルは、米国にある。但し、米国においては、ネット専業証券と言ったビジネスモデルは消滅している。
 米国でのネット証券戦略の流れが2つあって、取引(ブローカー業務)主体から資産管理型へのビジネスモデルの転換と、銀行業務を取り込んだ取扱いサービスの拡張戦略である。
【ネット証券の資産管理モデル】
 その代表が、チャールズ・シュワブであるが、収入面に占める売買手数料は10%台後半、金利収入を含めても半分以下だが、資産管理手数料は収入全体の4割以上を占める。シュワブの資産管理ビジネスの拡大は、名門資産管理会社のUSトラスト買収(その後バンカメへ売却)で富裕層向け信託サービスを取り込んだ事もあるが、一方で、銀行や証券会社に属していない独立系アドバイザー(Registered Investment Advisor)をネットワーク化して取り組む戦略の結果である。このRIAは、自らの顧客である個人投資家へ投資顧問業務を行うが、シュワブはカストディや注文執行・決済等のサービスを提供することで手数料を得ている。
他のネット証券も、このRIAをネットワーク化する戦略を取っているが、シュワブの特徴は、この独立系アドバイザーRIAの独立を自ら支援する独自のプログラムを持っているということだ。例えば、大手金融機関に所属するようなファイナンシャル・アドバイザー(FA)が、単独あるいは数人で独立しようとした場合、RIAとしての会社の設立準備・契約書等必要ドキュメンツの準備・金融商品情報や必要システムの提供など、独立前の半年から1年かけて支援を行う。
 このことを日本において考えてみると、現在は、IFAなど独立色の強いファイナンシャル・アドバイザーが、証券会社の嘱託となっているケースが多い。また、証券仲介業として、証券会社へ注文を仲介しているIFAもいるが、総じても、その数は多くない。日本のネット証券が、シュワブをお手本にするには、このIFAを、既存金融機関から独立させるところから取り組んでみると、新しい金融サービスの流れが出来るかも知れない。
【ネット証券の銀行業務モデル】
米Eトレードは、もはやネット証券という範疇ではないかもしれない。その収益構造をみると、5割以上を銀行業務に係る金利収入が占める。米Eトレードも、2000年にネット銀行テレバンクを買収し、個人向け住宅ローンを中心に収益を伸ばしてきた。
 こちらの方は、日本でも見慣れた戦略となっており、ネット銀行と既存証券の連携が相次ぎ、大和もネット銀行を作るという。ネット証券も銀行の代理店になれば、窓口で預金やローンを取扱いことが出来るが、ネット証券の生き残り戦略として、どう活用されるか、これから注目されるところである。
スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード