*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
資本市場に於ける情報の共有について
市場参加者における情報の共有は、一般論としては当然の様に思うが、では何処まで情報共有が必要なのかというと、議論や学説も分かれることがある。それは、取引参加者自らが、自分でコストを負担して入手(分析)した情報もあるので、その場合、自らの利益を優先して取引を行うことは、情報の共有より優先する。しかし基本的には、その市場における取引参加者間で合意された範囲で、情報の共有が行われるべきで、何が共有されている情報で、何が共有されていない情報かは、市場及びその仲介者が、明確化する必要がある。問題があるとすると、共有されていると思われる情報が、実は取引にとって余り意味がなかったり、情報共有の目的とは異なったものであることだ。単純に言い切るなら、使えない情報は、共有化しても無駄になる。
 日本の資本市場において、例えば機関投資家と個人の様に、取引参加者間で、明らかに情報収集能力の格差がある場合の情報共有問題に関して、現状の論点を考えてみたい。
【株式市場】
 インサイダー取引や相場操縦など取引に関する行為規制があるので、取引参加者間の情報共有は最も進んでいる。公開企業の情報は、開示制度により、その情報共有化は問題ないとして、取引に関する情報も随分共有されているが、以下のことは、少しその意味を考えるべき時期ではないだろうか。
 所謂信用取引に関する情報であるが、この情報共有の意味は、何なのだろうか。勿論、情報を判断することは、個々の投資家の問題なのだが、よく投資家が注意を払う信用残高や信用倍率は、どの様に一般的に解されているのだろうか。もし、お金を証券会社に借りて株を買っている分・株を借りて売っている分→短期的な売買指向の統計と思われているなら、実態は少し違うかもしれない。
 お金を借りてする取引は、ファンドなどが使うエクイティ・スワップやCFD取引でもあるし、株を借りて空売りする取引は、株レポ取引(株式レンディング)と言われ信用取引での貸株の数倍の規模になっている。もし投資家が株を借りて空売りしている株数の情報が欲しければ、信用売り残にこの株式レポ取引でレンディングされている分を合算しなければ、その実態に近づかない。
 株レポ取引は、大手投資家同士の取引(例えば生保が貸して、ヘッジ・ファンドが借りる)で、証券が仲介するOTC(店頭取引)なので、その集計は報告義務でも課さない限り難しい様にも思える。しかし、投資家がこのレンディング情報の共有化を望むのであれは、方法はあると筆者は考える。売買でも、貸し借りでも、ペーパレス化された株式のデータを移動させなければならず、その移動されたデータから現物取引及び信用売り分を差し引けば、レンディング数量の把握は可能である。問題は、誰がコストを負担して、その様な作業をするかということだろうか。
【社債市場】
 そもそも流通市場は未発達と言われて久しいが、バイ・アンド・ホールドの投資家に頼る発行市場中心の対応であれば、社債市場全体の発展は望めない。現在、日本証券業協会において社債市場の活性化に関する議論が行われており、その中でも流通市場の情報共有をどうするかポイントの一つだ。
流通市場価格については、日本証券業協会により、公社債店頭売買参考統計値という業者をヒアリングしたベースのものを毎日公表しているが、取引参加者にとっては使えないという評価が定着している(労を取られている協会には申し訳ないが)。何故かと推測するに、実際の売買価格と乖離していると参加者が見ていることが、最大の理由に思われる。社債の取引もOTCなので、これも報告義務を仲介者に課さなければ、その売買情報の把握は困難と見られているが、米国は、社債売買に関する報告制度と、売買情報共有システムがある。売買情報の共有によって、社債取引は活発化するかどうか別にして、取引者にとっては、取引の透明性が高まるので好ましい。
社債に関しての情報共有は、もう一つあって、信用情報の共有も必要である。その一つは格付情報の共有であるが、格付機関規制により、格付企業への定期的見直しとその公表は義務付けかれるが、個人まで含めた投資家のアクセスを可能とする必要がある。また、企業そのものの信用に関する情報は、CDS取引や株価とも裁定されたり連動したりする場合もあるので、開示項目として定義する必要があるのではないだろうか。
 いずれにしても、情報共有はコストの掛かる話しなので、その負担を誰がするか明確に示すことが市場関係者には求められている。
スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード