*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
配当指数について
 いよいよ期末も近づいて、明26日は3月期末の権利付最終売買日となる。週明けは、所謂配当落ちとなる訳だが、日経によると3月決算の上場会社下期配当予想は約2・8兆円(前期比5%増加予想)で、理論的にはこの分時価総額が下がる。1株当たり数円でも、全体で見ると大きなものだろうし、ポートフォリオ管理している投資家にとっては、この様な配当落ちに伴う資産価値の変動は、自ら管理したいのだろう。良く考えてみると、この2.8兆円が実際に投資家に支払われるには三ヵ月以上の期間が必要だし、その間に取締役会決議や総会決議の手続きを経なければならない。つまり、現時点で予想されている配当も、3月末で決算を締めてみた上で増減される可能性が、まだ2ヵ月弱残っている。そもそも、配当予想を公表していない企業もある。
大量の銘柄の株式を保有する銀行や証券、ファンドの運用者にとって、例えば2%だと想定している配当利回りも、実際1.5%に低下すると運用パフォーマンスに影響する。この2%を確保するために、期末売りの期初買いのエクイティ・スワップ契約や貸株契約を結んで行う配当スワップ取引が5~6年前から行われるようになっていた。最近は日本でも1日数十億円規模の取引が行われているようだが、この様な取引に対して、金融商品としての整備の取組みも、株価指数ベースに各国で始まっている。
・欧州:ユーロSTOXX50株式指数の配当指数は2008年6月から公表。同配当指数先物がユーレックス(ドイツ)に上場されている。
・英国:FTSE100種総合株価指数の配当指数を2009年に公表し、同先物を上場へ。
・米国:S&P500種株価指数の配当指数を2009年に公表し、同先物を上場へ。

そして、日本でも配当指数先物取引が始まる。3月23日に東証より公表された制度の概要は以下の様になっている。
【上場対象】
○日経平均株価指数(日経が算出)
○TOPIX配当指数(東証が算出)
○Core30配当指数(TOPIXCore30構成銘柄対象)(東証が算出)
【指数計算の基本的仕組み】
1年間保有(暦年ベース)した場合に受け取ることの出来る配当金を積み上げて指数化したもの。
指数を構成する各銘柄の実績配当金が確定したつど、株価指数の計算式に当てはめ累積していく。
暦年の最終となる12月期の配当は、3月末までの株主総会で確定するので、前年の指数の確定値=最終値は翌年の4月1日になる。つまり2010年の配当指数は、2011年3月末まで取引されて、翌日確定する。
【取引の仕組み】
・立会時間中はTOPIX先物取引等と同様の方法で、ToSTNeT取引時間も同様に準じて。証拠金・建玉・決済等のルールも同様の予定。
 ・例えば、配当指数先物を150ptsで売っておいて、構成企業の減配により、3月末の最終値130ptsで終了したら、差額を受け取る。
【取引開始】
本年7月26日取引開始を目途としている。

【配当指数変化のイメージ】
 東証での制度公表に先立ち、3月18日、日経は日経平均配当指数(2010)を4月から公表を開始するとしている。ちなみに、この時点での日経平均配当指数(2009)の値は151.15円。
実際の数値の変動イメージについては、理論上は各年の1月から算出され、それを順次積み上げていくが、2月中間決算に対する中間配当が反映される4月頃まではゼロで、配当が確定する毎に指数に累積し、翌年の3月(12月期分)に構成銘柄の全ての配当が確定したところで、最終値が決定するとしている。

 この配当指数も資本市場のイノベーションであるが、欧米に余り遅れていないことに、少しほっとしている。
スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

累積優先配当株式
こんにちはIFRSの勉強をしていたら累積優先配当株式というものがあるそうですが、
日本でもあるのですか。私はあまりきいたことがありません。もしあるなら実行した会社
はどこかありますか。
Re: 累積優先配当株式
先ず、お問合せの累積優先配当株式の件ですが、会社法でいう種類株の中で、普通株式の様に議決権はないが、配当金が普通株に優先して支払われる所謂優先株のことをいっているのだと思います。普通、配当は配当原資=利益剰余金がなければ支払いことはできませんが、優先株式は、普通株に優先して配当を支払う原資を確保できることから、この名称を使います。次に累積についてですが、その年に、優先配当さえ支払う原資がない場合、次の年にその分を累積していき、後でまとめて優先配当を支払うタイプの優先株式の事を指します。(そうでない単年だけのものは、非累積型)
お問合せのような名称を使うのが一般的がどうか別にして、優先株式は殆どこの累積型になると思います。銀行の優先株や銀行が引受受ける再建企業の優先株など、多くの種類株のうち、累積型は多いと思います。一般的に発行されたものとして、伊藤園の優先株式(上場済み)がありますので、次のホームページをご参考ください。
http://www.itoen.co.jp/ir/class1/index.html
Re: 累積優先配当株式
管理人様 ご丁寧な回答ありがとうございました。
おかげで理解できました。そういえば伊藤園の件いろいろなサイトで紹介されていました。
今後ともよろしくお願いします。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード