*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
公募投信という考え方
 公募投信とは、投信協会の定義によると、多数の投資家に取得させることを目的とした投資信託ということになっている。決して、誰でも買えるということではない。しかし、普通の感覚では、公募とは公に募集することで、公けとは投資家なら誰でもと考える方が一般的だ。
 何故、公募投信が誰でも買えないのだろうか。例えば、Aという公募のファンドがあって、そのファンドを運用する会社Bによって、Aファンドを募集したり取り扱ってもいい証券会社や金融機関を決めており、それ以外ではAファンドは取り扱えない。このことを投信の指定証券(販売)会社制度という。
何故この様な制度が出来たかというと、B運用会社の販売方針に沿って販売してもらう為には、B社自らが販売者を指定するというのが運用会社側の答えで、その事自体は理解できる。(指定証券会社制度は、販売会社と運用会社の系列関係を示すものではない。)

 しかし、運用会社が求める販売会社サイドの販売方針とは何だろう。

もっとも重要な問題は、Aファンドの内容をきっちと投資家に説明して販売することだが、証券会社(金融機関)の販売員は、金融商品販売のプロであっても運用のプロではないので、ファンド内容の説明は目論見書に限られる。確かに投信の説明は難しい。また、投資家には目論見書に書かれた内容でしか説明できない。
そうすると、運用会社が販売会社を選択する一の理由は、投信の目論見書内容をきちっと投資家に説明出来る販売員がいる会社ということになるのだろうか。
目論見書は運用会社自ら作成するものだが、その内容の理解・説明に関して、ある水準以上の能力が必要だという事ではないだろう。そもそも、目論見書は投資家が理解できる範囲で書かれるべきものなので、理解に特別な能力を求めてはならない。また、4月からは投信目論見書の簡素化も推進され、投資家に理解し易く投信間で比較も可能なように開示省令が改正されている。(運用会社による実際の対応は、7月からのようだ。)

 では販売会社を選別する理由は、ちゃんと売る事が出来る能力が必要で、その基準をクリアしなければダメということだろうか。投信を含め金融商品を一般の投資家に販売する際、第一種金融商品取引業者として金融商品取引法上の行為規制がかかるが、投信は説明が難しいので、何かそれ以上の制約が必要なのだろうか。本当にそうであれば、公募ではなく私募にするべきとも思うのだが。

 残った理由として考えられるのは、運用会社側の販売戦略の問題で、Cという証券会社やDという金融機関の販売専用のファンドを作って、CやDに対する運用会社としての商品供給を通じた営業支援したということなら企業としての意味はある。しかし、これは投資家には関係ないことだ。

 何故、この様な公募投信の事を長々書いたかというと、公募投信もそろそろ公募である事の意味を考えて、投信販売の改革に繋げる時期に差し掛かっているのではないか、と考えるからだ。
公募投信は、この2月末で3634銘柄あり、残高金額も78.5兆円に達していて順調に増加が続きている。これが、上記の様な運用会社サイドの指定証券会社制度を続ければ、投資家の利便性を著しく損なっていく可能性がある。つまり、投資したい投信を買う為に、自ら口座を持つ証券会社や販売会社が、そのファンドの指定証券会社でなければ、新たな口座開設を求められる。若しくは、証券会社に保有するファンドを別の証券会社に移管することが出来なく、解約せざるお得ない。この様な不便さは公募投信として解決していくべきではないだろうか。この業界は、もともと商品供給側の論理が強いが、そろそろ一般化した投信という商品から、投資家の利便性向上を目指した動きが強まっても良い。

 その兆しはあって、投信とほぼ同内容のETFが増加している。ETFなら株式と同様にどの証券会社でも基本的に購入することは出来るし、ペーパレスになっているので、他の証券会社への移管も容易だ。東証に上場されるETFは、まだ86銘柄だが、海外取引所に上場されるものは約2000銘柄あり、新興国にセクター別で投資するものもある。この海外ETFは、基本的に外国株の取次ぎと同様の仕組みとなる。最近、投信全般の情報は、情報ベンダーなどを通じて充実してきたが、売れ筋や投資家が選択したファンドと同様の投資効果があるETFの充実(投信の代替投資効果)は、現状の公募投信の仕組みを変えていくかも知れない。

スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード