*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
地銀投資銀行業務の現状
 どんな大企業も最初は中小企業であり地域企業だったのだから、地域の企業と密接な関係をもつ地域金融機関は、企業社会とそれに連なる資本市場の入口において重要な役割を果たす。成長企業のIPO(株式公開)など、市場誘導業務として資本市場側からも地域金融機関に期待したいことだ。

 地域金融機関にとっても地域密着型金融機関(リレーショナル・シップ・バンク)として、地元企業の成長段階に合わせた金融サービスを提供していくことが金融行政面から求められており、また収益面からは、手数料ビジネスの多様化として、M&Aなど企業を相手にした投資銀行業務に注力している。その現状について、昨年度(平成21年度)の地域密着型金融の取組み状況として7月23日に、金融庁より次の様に公表されている。(投資銀行業務に関係する部分の抜粋、地銀106行、信金272金庫、信用組合159)

・ライフサイクルに応じた取引先企業の支援の一層の強化

①創業・新事業支援
○創業・新事業支援融資:15,004件(前年比8.1%増)、1,703億円((前年比2.4%増)※通常型の融資も含む
●企業育成ファンドへの出資額:51億円(前年実績200億円)
●同ファンドの企業育成支援額:65億円(前年実績90億円)

②経営改善支援
○ビジネスマッチングの成約件数:32,988件(前年比11.7%増)

③事業再生支援
○中小企業再生支援協議会との連携による再生計画策定:479件(前年比45.5%増)、3,817億円(前年比71.0%増)
○独自の支援による再生計画策定:19,083件(前年比30.3%増)、60,186億円(前年比21.7%増)
●整理回収機構の支援決定先:16件(前年比20.0%減)、501億円(前年比7.4%減)
○DDS(通常ローンの劣後ローンへの変更等のデット・デット・スワップ):100件(前年比104.0%増)、298億円(前年比25.2%増)
○DES(ローンの株式化等のデット・エクイティ・スワップ、一部債権放棄を伴う):37件(前年比76.1%増)、158億円(前年比22.2%減)
●企業再生ファンドへの出資額:75億円(前年比2.6%減)
●同ファンドの支援額:121億円(前年比39.5%減)

④事業承継支援
●M&Aによる事業承継支援:142件(前年比9.0%減)
※その他のM&Aは、129件

 一方、地域金融機関の実務者へのアンケート調査結果において、利用者である企業のニーズに応えて居るか否かに関して、経営改善には87%以上が応えているとし、逆に事業承継支援については半数近くが自ら応えていないとしている。

 また利用者側での調査においても、事業再生や事業承継への地域金融機関側の取組みへの評価で、消極的評価が積極的評価を上回っており、この分野(ファンド投資やM&A等の投資銀行関連業務)における専門的人材の不足感が強いようだ。

 地銀等はリレバン対応において、上記の様な投資銀行的取組みにも注力しているが、同分野の専門的人材の育成や外部機関との協力体制の構築が課題となっている。通常、投資銀行業務において案件の事をディールというが、一つ一つは小粒なディールをカバーしていくのは、地域金融機関しかいない。そしてこの機能が働かなければ、投資銀行業務の裾野は拡大していかないし、結果、日本の金融・資本市場の拡大にも繋がっていかない。金融機能の成長戦略の中にも、このこと(地域金融機関の機能充実の為の施策)を望みたい。

スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 7月に発売開始以来、売れ続けているFXシステムがあります。  そのシステムとい...
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード