*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
望まれる正しい未公開株投資
 未公開株勧誘に注意を促す政府広報や証券会社の注意文を見るたびに、少し寂しい気持ちになる。というのは、未公開株投資は、資本市場の入り口に立とうとする企業へ、リスクマネーを供給する重要な機能を果たす。ベンチャー企業への投資の事だが、ただし、専門家であるベンチャーキャピタルが行う投資も2~3割の成功率(途中での売却を含む。IPO[株式公開]は更にその半分以下)なのだから、個人投資家が企業をよく知らずに行おうとすると、更に投資成功の確率は低くなる。しかし、未公開株式を使った詐欺的行為は増加しているという。この10月に、政府広報オンラインに未公開株勧誘(投資ではない)に対する注意記事が記載されているので、その中の事例概要を紹介する。

【複数の業者が登場する事例】
A社から電話があり「C社の株を持っていれば高値で買い取る」と言われたが、持っていなかったので断った。その後、B社から「C社の未公開株を1株100万円で買わないか」と電話があった。そこで、A社に相談したところ、「ぜひ買ってほしい。300万円で買い取る」と言われたので、B社に連絡し、値切って90万円で購入した。買い取りをしてもらおうとA社に電話しているが、連絡が取れなくなっていた。

【金融庁などの公的機関をかたる事例】
金融庁等から認可を受けて未公開株の将来性を評価しているという団体から連絡があり、保有している未公開株は上場の準備で金融庁へ届け出がされており、上場確実であると言われ、買い増しするよう勧誘を受けている。

【被害の回復をうたう事例】
金融庁等からの指示を受けて、未公開株の購入代金を取り返しているという団体から連絡があった。購入代金を取り返す条件として、その団体から別の未公開株やファンドを購入する必要があると言われた。

 また、殆どの証券会社は、そのホームページで未公開株式の勧誘に対して注意を呼びかけており、相談窓口として、金融庁・警察庁・弁護士連合会・全国各地の消費生活センター・日本証券業協会を紹介している。上記の様な詐欺行為は、お金にまつわるものなら何でも同じようにその対象とするのだろうが、未公開株=ベンチャー企業への投資を材料に使われている事が、業界の人間として悔しい。それならば、正しい未公開株投資(勧誘ではない)というものを業界でキチンと作って、未公開株勧誘への注意喚起とともに一緒に個人投資家に示すべきではないだろうか。

 では個人投資家が、未公開株売買を行うのはどの様なケースになるのか。譲渡制限が付された株式でなければ、価格さえ合意されれば当事者間において相対で売買することが出来る。第三者が間に入り、勧誘行為などを行うことは、次の様な場合にある。

①証券会社(第1種金融商品取引業者)は、グリーンシートに登録された銘柄なら未公開株でも勧誘できる。しかし、この制度にベンチャー企業は21社(その他地方銘柄39銘柄)しか対応しておらず、証券会社は一度取り扱うと定期的に売値・買値を開示する義務を負う為、グリーンシート銘柄を取り扱うのは一部に限られる。つまり、証券会社は殆ど未公開株を勧誘しないし、ペーパレス化した上場株式と異なり株券の取扱いにはコストがかかるので、M&Aでも関与しない限り、媒介なので取り扱うのも限られる。

②匿名組合投資で未公開株式を購入することは結果として可能である。これは、金商法上で集団投資スキーム(=ファンド、第二項有価証券(みなし有価証券))となり、第2種金融取引業者(登録制)なら、株式の持分(ファンド)に投資を勧誘することは可能。証券業と異なり、現在自主規制団体はないが、設立に向けて準備中。

若し、正しい未公開株投資に関する個人投資家向け資料を作成しようとすると、次のことが最低限記載される必要がある。
・未公開株投資の実態(ベンチャーキャピタルなので投資実態と投資成功率などの分析等)
・未公開株投資に関する税制(エンジェル税制や投資対象を含む)
・未公開株投資を対応可能な金融機関
・未公開株投資で留意すべき事項 等
これらは業界団体の仕事かもしれないが、詐欺行為に使われる程、世間の興味が日本のベンチャー企業に対してある内に、詐欺的行為の注意喚起とともに、正しい未公開株投資情報を提供するのは、誰の責任だろう。
スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード