*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
投資情報としての為替の見方は、何を投資家に伝えるか
 証券会社での営業推進の為の社内イントラ構築で、毎日営業マン達に関心を持ってもらい、営業支援になる情報をどう流そうか腐心したことがあるが、営業現場のアクセス数が圧倒的に多かったのは、様々に工夫した情報より、外国為替に関する簡単な情報とレートを一覧にしたものだった。そのような情報は、ネットでちょっと調べればリアルで分かるのにと思いながら、営業現場=顧客の求めている情報とは何か考えさせられた。

 一方、金融機関やその調査機関・運用会社などが自らの調査レポートをネット上で公開しているが、これを集約し、整理して提供している“経済レポート情報”というサイトがある。毎日公表される7~80の経済関係のレポートを分類して提供しているが、利用者は金融機関の方々が多いと言われている。このサイトでも、レポートへのアクセス数は為替関係が圧倒的に多い。この1月に入り実働3週間余りだが、金融機関や運用会社は、為替に関して何を伝えたがっているのか、アクセス数の多い順にその内容を見てみたい。(詳細内容は、各レポートをご覧いただきたい)

①Forex Weekly~ドル、円、ユーロの為替見通し、トピックス「中国によるユーロ圏周辺国の国債購入」(1/8三井住友銀行)
【概要】週間の見通しと共に、為替や金利・株価などの1~1年半のグラフ。アクセス数が最も多かったのは、トピックスで取り上げた中国による60億ユーロのスペイン国債購入表明が、ユーロソブリン危機への注目と重なったからだろう。国債購入に加え、同規模の商談調印も報じられ、中国の戦略が感じられる。

②円高リスクが根強く残っている理由 ~ユーロ安の重石で円は割高:Economic Trends(1/8第一生命経済研究所)
【概要】QE2後、資源高による資源国通貨高のトレンドと、欧州ソブリン危機などの回避を目的にする円やスイスなどが安定通貨として強含むトレンドが併在している。また、米金利上昇もドル高とは一致おらず、悪い金利上昇の萌芽も残っている。円安トレンドになる条件としては、米景気回復の確認を市場が見極める必要があるとしている。

③為替MARKET VIEW~ドルは90円超に向けて上昇へ、ドル高は商品価格と資源国通貨の上昇を抑制か(1/13大和総研)
【サマリー】米金利とドルが上昇する環境が整いつつある。第一に、米国の景気が回復基調を強める可能性が増していること、第二に、インフレ期待の高まりが利上げ期待の高まりを招く可能性が増していることが理由。今後は利上げ期待の高まりとともに短めの金利を含めて米金利が上昇し、90円台前半までドル高・円安が進行する可能性がある。2011年前半は、ドル高で商品価格の上昇が抑制されることにより、資源(新興)国通貨の上昇も抑制される。通貨は強い順に概ね、(1)ドル、(2)欧州通貨、(3)資源(新興)国通貨、(4)円としている。

④為替相場展望2011年1月号(1/6日本総合研究所)
【概要】年間見通しについて、
・[ドル・円]米国の利上げが展望できないなか、2011年を通して80円台を中心とした一進一退が続く見込み。
・[ユーロ] ユーロに対する信認低下・景気停滞長期化を背景に対ドル・対円ともにユーロ安が持続
・[チャート分析] 当面ドル下値模索の展開。直近ドル安値を割り込むリスクも。一方、82円台では
ドル頭打ち感が強まる可能性ながら、同水準を上抜ければ87円前後も視野に。
≪ポイント≫
(1)日米金利差拡大:ドル円相場と有意な相関があるのは10年債ではなく2年債。イールドのスティープ化はむしろ通貨安要因。
(2)米財政赤字拡大の影響:金利上昇も、海外中銀によるドル買い介入が金利上昇を抑制。ドルは軟調地合いが続く公算大。
(3)為替相場の決定要因:成長率との相関は小。名目実効レートはインフレ率と強い相関。経常黒字下ではディスインフレ傾向が持続。

⑤FOREXストラテジー Focus~来週の相場見通し、メルケル独首相発言とユーロ反発(1/14みずほ証券リサーチ&コンサルティング)
【概要】週間見通しと共に、米短期金利とドル円レートの関係を示す2年間のグラフ。注目材料は1/12の独メルケル首相のユーロ防衛発言、メンバーの入れ替えがあった米FOMCの1/26の今年初めての会合、インド・インドネシア株式市場の調整局面。市場見通しの基本は、ユーロの戻り局面。

 為替の情報は、為替だけではなく、金利動向→債券市況→経済環境の変化→株式市場動向と繋がっていくので、投資家の興味が多いのは当たり前のことかも知れない。
スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード