*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
ファイナンスと自社株取得:資本市場の入りと出るについて
資本市場の機能は、
【流通市場】株式や債券などの売買の場を広く投資家に提供すること=有価証券の流動性の確保
【発行市場】企業の資本(資金)調達を可能とする場の提供
に分けられるが、今回の金融危機以降、出来高の細る流通市場に比べて、発行市場の方は調達金額ベースでは高水準だった。特に株式の公募増資は、バブル期以来の水準となっているが、企業数は少なく、結果として業界を代表するような企業の大型のファイナンスが相次ぎ、短期的には市場の需給関係に大きな影響を与えた。今後も、震災需要対応などで、高水準のファイナンスが予想される。
 一方、上場企業の自社株取得は、金融危機以降大きく縮小していたが、上場企業の手元資金は増大しているので、今後の増加が期待される。
 この市場全体の入りと出、即ちファイナンスで供給される新株式と自社株で吸収される株式それぞれの動向が注視される。

☆ファイナンスと自社株取得の状況
スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード