*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
FX取引の成立ちを易しく考える=その1
 物事は単純化した方が見えやすくなる。そう思って、FX取引の仕組みについて易しく考えてみたい。
先ず、FX取引と外国為替取引は異なる。FX取引は外為証拠金取引で、外国為替取引(Foreign eXchange Market)の方は、外国通貨を銀行間において相対で取引する(相対といっても殆ど電子取引)インターバンク・マーケット=所謂外為市場である。マスコミなどで流される、現在のドル・円相場という場合はこちらの外為市場の取引値段を示している。企業や個人が為替の取引をする場合、この外為市場の参加である銀行と相対で取引を行う。少し諄くて申し訳ないが、企業や個人が外為市場で直接取引することは出来ない。
しかし、次の様な手順で、外為市場で取引されている値段をベースにして、あたかも直接参加しているように取引するのがFX取引である。

・取引1=個人投資家とFX業者の相対の外国為替取引
・取引2=FX業者と取引をカバーする業者(外為市場に直接参加することが出来る金融機関)の相対の外国為替取引
・取引3=カバー業者がインターバンク市場で他の市場参加者と行う相対の外国為替取引
※上記のFX業者を輸出入業者、カバー業者を銀行に置きかえると、通常の輸出入に伴う外国為替取引(実需取引)となる。

なお、通常のインターバンク市場における取引単位は、通常100万通貨単位(ドル取引なら100万ドル)なので、上記の取引3に於いてある程度の規模の取引規模が必要となってくる。その為、カバー業者は少ない担保(証拠金)でもFX業者からの取引を受ける。この取引はレバレッジ(元の資産である証拠金に対して)の掛かった取引となるが、相対取引なのでカバー業者がFX業者に対してレバレッジ分の信用を供与することになる。FX業者は、このカバー業者とのレバレッジ取引を利用して、個人投資家にレバレッジを掛けた取引を提供する。

ただしこの部分は、FX業者が個人投資家に対して彼らの求める(現行では証拠金の50倍まで、8月より25倍に規制強化)レバレッジ分を信用供与することになるので、取引する個人投資家の損益管理=ロスカット・ルールの徹底が必要になってくる。
FX業者としては、基本的には個人投資家の損失を預かった証拠金以内に収めようと強制的なロスカット・ルールを定め、投資家にもそれ以前の水準でロスカットの注文を入れるよう誘導する。

 また、取引1~3までがイコールとなるわけではない。つまり、取引2に於いてはFX業者、取引3においてはカバー業者が、それぞれの取引をカバー業者や外為市場に取り次がない場合がある。例えば、
・1ドル81円00銭のドル売りと、81円01銭のドル買いが同時に個人投資家から入った場合、FX業者はこの取引を相殺してしまい、1銭部分が収益となる。
・上記ほど単純でなくても、ある一定範囲での売りと買い注文があれば、相殺して顧客注文だけを成立させカバー取引を行わない場合がある。(一部、FX業者が自己で向かうようなケースもある。)

これ等の対応は、マリーと呼ばれFX業者及びカバー業者の大きな収益源となっているが、取引所取引ではなく相対取引なので、実際に個人投資家のFX取引が外為市場に流れる必要がない。つまり、FX取引は、インターバンクの外為市場の値動きを指数と見立て、FX業者とその指数を取引する差金取引という事も出来る。この仕組みは、CFD取引と全く同じになる。

現在、日本の外為市場におけるFX取引関係分(つまり取引3の部分)は2割に達することもあると言われているが、これは株式市場における個人投資家の売買シェアと同程度の割合となっている
スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード