*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
アルゴリズム取引の概要
東証のarrowheadの導入前に、高速売買のデモを見た時は少し驚いた。どんなに動体視力が良い人でも、目にも止まらぬスピード。ミリ秒なのだから当たり前だが、その高速性を実感できた少しの感動があった。

最近、高速化に対応しているというネット証券のある銘柄の板(売買値段の注文状況)を見てみた。アルゴリズム取引が入るような代表的な銘柄だから、板の変化も激しい。高速で値段が付いていくのが分かるが、時として1%ぐらい値段が飛んでいるように感じる動きもあれば、瞬時に板の状況が大きく変化する時もある。これだと、目で板を追うような売買は無理だろうと思った。

 新しい技術に対応する時には、それにあった手法が生まれるものだろう。アルゴリズムに対抗するにはアルゴリズムもあるだろうし、まったく別の売買手法は派生しても良い。アルゴリズム行うで株式売買を肯定するも否定するも良いのだが、アルゴリズムの使われ方や効果などを理解せずに議論するのも問題だろう。

現時点でのアルゴリズム取引に関する概要を纏めてみた。

・アルゴリズム取引の現状と目的

・アルゴリズムを構成する情報とその処理

・基本的なアルゴリズムの戦略

・アルゴリズム取引に対する期待と不安



☆アルゴリズム取引の概要
スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード