*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
最近の投資信託動向について、5月上旬時点
4月の投資信託の新規設定は、海外REITやアジア株・日本株などに投資するファンド中心に資金を集め、久々に5,353億円と2010年4月以来の大規模な設定金額水準となっています。また、既存ファンドへの資金流入額も、米国や新興国へ投資するファンドに資金が集まり、3,948億円の資金流入超過で、これは昨年の8月以来の水準です。

詳しくは、三菱アセット・ブレインが公表している下記資料をご参考ください。

☆投信マーケット概況4月号(5月8日公表分)

 また、投信の運用会社が個人投資家向けに発信する情報(レポート)に関して、米国経済動向やマクロ経済動向に関するレポートが増加、原油や金など商品投資に関するものも増えています。
レポートの公表形式としては、トピックス的な話題をコラム形式で適時に公表するものが増えていますが、これは投資家向けというよりは、証券会社や金融機関など販売会社の営業向けに運用会社としてのプレゼンスを強める為でしょうか。(運用会社としてのハウスオピニオンは必要ですが、市況解説的なことは本来販売会社が投資家に説明するべきことではないでしょうか)

 今後、投信の運用会社が何に注目しているかは、5月の新規設定ファンドの投資テーマから推測できますが、日本株投資に関しては前月・前々月に続き投資対象として関心が高い状況ですが、テーマが絞られてきているようです。
また、米国への投資はハイイールド債やREITに加えて、米国株式への関心も高まっているようです。

☆最近の投信運用会社の情報提供の傾向と運用テーマ(5月上旬時点)
スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード