*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
最近の投資信託動向について、7月上旬時点
6月の投資信託の新規設定額は1,264億円、既存ファンドへの資金流入額は2,355億円と、ほぼ前月と同水準の国内投資信託の増加となっています。投資対象は、日本株やオーストラリア株式などエクイティものと、豪ドル債や米国REITなど高利回り期待の商品が中心です。

詳しくは、三菱アセット・ブレインが公表している下記資料をご参考ください。

☆投信マーケット概況6月号(7月5日公表分)

 実際の投信販売では、オーストラリア投資(株式・債券・通貨)に関するものが増加していますが、それに合わせて、運用会社からの情報発信もオーストラリアに関するものが増えています。一方、利下げやそれに伴う通貨の下落が大きかったブラジルやインドに関するスポットの情報提供は減少傾向でもあります。リスクオフ・ムードを反映しているのでしょうか、新興国に関する定期的なレポートも減っています。
 また、7月新規設定予定の投資信託のテーマでは、引き続きオーストラリアへの投資は中心となっており、また高利回債券も多く取り入れられています。今年前半は顕著だった日本株の見直し買い的なものは、金融株に限られるようです。

☆最近の投信運用会社の情報提供の傾向と運用テーマ(6月上旬時点)
スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード