*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
世界の中の日本市場
 世界の株式市場から日本市場を見直してみることも、この相場の行方を占う意味で重要なことかも知れません。海外の機関投資家などから見るドルベースでの見方が主流だと思いますが、果たして日本市場はまだ買えるのでしょうか。市場アナリストでもない立場で恐縮ですが、昨年の世界市場の動向をご参考にされては。

 世界全体での株式の2012年売買高は、前年に比べドルベースで22.4%減少しています。やはり、昨年央にかけての欧州債務危機の影響からリスクオフの流れが強まった影響でしょうか、欧州債務懸念が薄らいだ後も、米国や中国などが売買高を前年比3割近くも減少させています。

日本も、年間で12%強取引を減少させましたが、そんな中で以下の新興国が取引を増加させています。
・フィリピン(+25.3%)、タイ(+5.6%)、メキシコ(+3.7%)、サウジ(75.4%)、アイルランド(+4.1%)

☆2012年世界の株式市場動向

 一方、市場の時価総額は、全体で15.1%(ドルベース)増加しています。
NY市場が年間で約2割、東証は4.6%、上海は8.1%、そして欧州では以外にもドイツが25.5%の増加となっています。やはり、日欧の市場は為替動向次第といった部分が大きいのでしょうか。
 実際の現地通貨別の市場パフォーマンスに関して、日興アセットが以下の資料を公表していますので、ご参考下さい。

☆2012年の株式市場の回顧と2013年の展望

スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード