*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
ネット証券の投資信託戦略
 3月の投資信託へ新たに投資された資金は1.2兆円と約6年振りの水準となりました。アベノミックス相場に乗り遅れた個人投資家でも、中長期投資を狙う投信なら、新たに参加する余地があるとの見方が大勢の様です。

 ところで、3月下旬から大手ネット証券では、来年から始まる(口座開設は、今年10月から)日本版ISA口座開設手続きを開始しています。これは、口座の囲い込みとともに、ISA口座で投資対象として有力視される投信販売強化を狙ったものです。大手ネット証券では、既に投信販売拡大の為、共同販売プロジェクト(“資産倍増計画”)を2年前から立上げ、専用ファンドの組成とともに、資産形成の為の投信キャンペーンを行っていますが、その戦略の方向性と背景について、以下の概略図にまとめました。

☆ネット証券の投信販売戦略

ネット証券の投信は、現在の残高ベースで全体の3%にも満たないものですが、今後資産形成を行う20~30歳代でのインターネット利用での購入比率は、半数を超えています。
投資による資産形成は、比較的少額で、かつ継続投資となりますので、インターネット利用が適していると思いますが、ネット証券のみならず、金融機関や店頭営業主体の証券会社であっても、ネット機能を利用した資産形成の為の投信販売が拡大していくことも、期待されます。

スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード