*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
証券関連税制の課題と平成26年度の改正要望
 8月30日に、金融庁より平成26年度税制改正要望が財務省に提出されていますが、この中で証券関連(個人の投資に関連する部分)について、その背景となる課題と要望事項について、簡略化して書いてみました。

☆証券関連税制の課題と平成26年度の改正要望

証券関連税制の課題としては、次のようなことが挙げられます。

○NISAが国民に定着した制度となる為の、利便性の向上
○金融所得一体課税の推進
○特定口座の利便性向上
○ETFの新陳代謝推進
○インサイダー規制強化の為の措置
○J-REITなど不動産証券化市場の機能整備
○地域主導のインフラ・ファンド推進

前半部分は、10年来に渡る“貯蓄から投資へ”の政策推進の具体的実行が求められているように思いますし、後半部分は成長戦略のアベノミクス第4の矢と関係するところかも知れません。
オリンピックも東京に決定し、消費税も実施される中、長年の懸案であったことも大きく進めて欲しいものです。

スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード