*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
アナリスト問題を思い出す
 投資家が上場企業の内容を知ろうとするには、企業側のディスクロージャー(金商法で定められた法定開示、取引所ルールの適時開示、それ以外のIR活動による企業の情報発信など)に頼りますが、それ以外に投資家の投資判断に大きな影響を及ぼすものとしてアナリスト・レポートがあります。
これは、証券会社などに所属するアナリスト(所謂、セルサイド・アナリスト)により作成される企業分析のレポートで、元来は機関投資家向けに作成されていたものですが、個人用に要約されたものを個人投資家(顧客)にもネット上で閲覧可能としている証券会社も増えています。

市場の方でも、レポートでの目標株価や格付けなどの変更には比較的よく反応する場合が多くなっており、アナリストは個人投資家にも身近になっています。

また、アナリストに関する最近の話題としては、楽天の会長が、自社担当のアナリストを名指しで批判するというような珍しい現象(今年7月)も起きています。(企業側のディスクロージャーが問題か、アナリストの分析が問題かは、個々の投資家が判断する問題でしょうが、・・・)

そもそも、アナリスト(本稿では、レポートを作成するセルサイド・アナリストを指す)に関する問題は、正確で分かり易いレポートを作成するという本源的な機能以外で、次のようなものがあります。
(世界的なアナリスト問題は、エンロン・ワールドコム事件(2001年、2002年)後に顕在化していますが、簡単に言いますとあれだけの粉飾決算に対して、アナリストはちゃんと分析して見ていたのかという疑問です。正確な分析を阻害する要因として、以下のようなことが考えられました。)

●アナリストの利益相反問題
 アナリストの報酬は、当然証券会社が支払いますが、その評価や原資が何かということが問題となりました。例えば、
・担当する企業がファイナンスやM&Aなどに為に良い評価をアナリストに求めることがあります。
・大口の手数料を支払う特定の大手機関投資家に対して、担当営業部門から分析レポート公表前の内容や特別の未公開情報をもとにした分析を伝えるニーズが強まるもともあります。
 これらのニーズは、企業や大手機関投資家のビジネスを担当する投資銀行部門からなのですが、アナリストの評価は投資銀行部門からの評価やビジネスの影響を受けないといった体制を整備することが、アナリスト部門に求められています。

 簡単に書きましたが、これ等は証券会社内のアナリスト部門と投資銀行部門のチャイニーズウォールだけで守られるのか、現在でも少しばかり疑問を感じます。個別のアナリスト評価が、アナリスト部門内の査定とアナリストランキングだけで、アナリストに高給を提供できるのかといったなといったものです。

●アナリストの個人的利益相反問題
 これは、前記に比べて比較的簡単で、アナリスト個人の取引に関して、担当する企業の現物は勿論、デリバティブを取引しないということで、投資家に提供するレポートと自分の取引の利益相反は避けられます。ただし、担当する業種のETFやETNは如何かということでは、多少配慮の余地があると思います。

●アナリストの未公開情報への関与
 優秀なアナリストほど、企業経営者との接点が多いものですが、その関係で未公開の重要事実(株価に影響のあるもの)に接する場合もあります。一応、自主規制では、未公開の重要事実を使っての分析は行わず、他者に伝えないとなっています。

●アナリスト・レポートの不足への対応(取引所)
 現在、証券会社のアナリストがレポートを作成する対象の企業数は8~900社程度と言われていますが、取引所は証券会社がアナリスト・カバーしないような新興企業や中小規模の上場銘柄の取引活性化を目論んで、以下の様にアナリスト・レポートの投資家への提供を試みています。(数字は、10月22日現在)
・社団法人証券リサーチセンター:東証1部、2部44銘柄。マザーズ56銘柄。ジャスダック2銘柄
(レポート作成費用は、有志の資金(現状は、各取引所、大手証券、大手監査法人などの協賛金が原資))
・アナリストレポート・プラットフォーム:44銘柄。
(レポート作成費用は、基本的に上場企業が負担し、作成は独立系リサーチ)

 アナリストは、投資家にとって企業の分析レポート提供という非常に重要な役割を果たしていますが、その立ち位置を考えた時、10年前に顕在化したアナリストの利益相反問題について、今一度見直してみる必要もあると考えます。



スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード