*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
証券業界の2013年を振り返って~業界環境概要図
 いよいよ2013年も最終日となりましたが、今年1年拙稿にお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。
今年最後は、(あくまでも主役は、投資家と上場企業ですが)資本市場の担い手である証券会社について、個人の投資をサポートしているリテール証券の現状を以下の様に至極簡単にまとめました。それぞれのお立場で、今後証券会社がどの様に変わっていくか期待するところは異なると思いますが、ご参考ください。

☆ リテール証券会社の業界環境

最近では、賃上げの話がでるほど業界環境は好転しましたが、アベノミクスと世界的な超緩和策推進による株式市場上昇の影響が大きく、やはりこの業界は市況産業との想いを感じる一年でした。ただし、制度上の変化もあり、
・1月からの信用取引における保証金制度の改革で、1日に何度も同一資金を利用することが可能となり
・11月からは、信用取引での売り下がりを禁じたアップティック・ルールが原則廃止され
個人トレーダー層の取引が大きく拡大しています。

また、1月から始まるNISAは、その口座開設が10月から行われていますが、本当に久しぶりに業界全体が新規顧客活動で盛り上がりました。だだし、業界が多少釘をさされた形になったのは、NISA開始を前にして12月から自主規制のかたちで始まった高齢者勧誘規制でした。これは行政主導で行われていたようにも思えますが、金融商品取引法に定められた証券会社の行為規制である”適合性の原則”の徹底として考えるべきかも知れません。
NISA制度の充実を始めとして、確定拠出年金制度の拡充や、日本版IRAの検討など、”貯蓄から投資”への具体的政策が今後実施され、投資経験の少ない個人層まで投資リスクテイクが広がっていく中では、必要なことなのでしょう。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード