*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
高齢者の投資はどうあるべきか~勧誘ルール強化とその背景
 NISA開始を控えた昨年の12月16日より、証券各社は高齢者への勧誘ルールを強化しています。これは、日本証券業協会による“高齢顧客への勧誘による販売に係るガイドライン”によるものですが、勧誘ルール強化の目的は、同協会によると「投資未経験者・投資初心者である高齢顧客も含めてNISA口座での取引が開始される為」(パブコメ回答)としています。
 そもそも金融商品取引法には“適合性の原則”がある訳ですが、各証券会社では既に高齢者を含めて投資家の適正や投資目的に合わせて勧誘基準を定めていました。これを徹底する訳ですが、高齢者に対する勧誘プロセスで管理職の関与や記録を徹底させることが中心です。
 一方、同ルール強化で寄せられたパブコメなどから、証券会社の既存顧客の高齢化も覗えます。
 以下、高齢者勧誘ルール強化と証券会社顧客の高齢化について纏めてみました。

☆高齢者の投資はどうあるべきか~勧誘ルール強化とその背景
・高齢顧客への勧誘ルールについて
・パブリックコメントの内容とその留意点
・投資家の高齢化とルール強化の背景
・証券業としての顧客高齢化への対策は何か

スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード