*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
NISAを契機に変わる投資信託の在り方
 今年から始まったNISAは、既に500万口座を超え政府目標する1500万口座(2020年まで)を目指しています。当然のことですが、当初は既存の個人投資家が非課税投資枠として利用するケースが多いのですが、今後は新規に投資を始める投資家層(特に若年層)に拡がることが期待されています。一方、過去1年で信用取引の保証金制度や空売りでのアップティック・ルール(売り下がり禁止)が原則廃止されたことで、個人トレーダー層の信用取引利用頻度が増加(売買増加)しています。
 このNISAでの期待される新規個人投資家は、継続して投資を行うことが前提となりますので、その投資対象として投資信託の利用が、そして個人投資家層は信用取引も出来る株価指数ETF(最近は、レバレッジ・インバース型が売買増加)活用が目立っています。それぞれの投資目的は大きく違いますが、それでも個人投資家・トレーダー層が、投資信託制度をそれぞれ異なる投資手法で使い始めています。

☆NISAを契機に変わる投資信託の在り方
・NISA開始前後での個人投資家動向
・投資信託の在り方の変化
・投信・ETFに関わる課題とその取組み
・個人投資家の多様化に合わせた商品・サービス供給のために

スポンサーサイト

テーマ : 証券・金融関連業務
ジャンル : ビジネス

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポーラスター

Author:ポーラスター
2009年1月スタート

最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
参考文献
QRコード
QRコード